熱力学データベースwg著作 パソコン用熱力学データベース malt2. 新素材開発、cvd,腐食、精錬、廃棄物処理等、およそ物質の挙動についての知見

熱 力学 データベース

  • Links to Physical & Chemical Databases
  • 熱力学データベース
  • 熱力学データベース MALT for Windows 製品情報
  • TDB, SDB and DDB provides site.
  • 分散型熱物性データベース | 産総研
  • Links to Physical & Chemical Databases

    以下のようなデータを含む、化合物データベース 化合物の熱力学データ (有機、無機小分子) / 反応の熱力学データ / 赤外スペクトル / 質量スペクトル / UV-Vis スペクトル / 電子-振動スペクトル / 二原子分子の分光定数 / イオンのエネルギー / 流体の熱力学物性 cu基合金の熱力学データベース構築と材料開発への応用 著者 王翠萍 [著] 出版者 [王翠萍] 出版年月日 [2001] 請求記号 ut51-2001-n789 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000409679 doi 10.11501/3189020 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 ...

    質問!ITmedia - 熱力学データベース

    化合物の標準生成ギブズエネルギー、標準生成エンタルピー、標準エントロピー等の、熱力学特性が記載されているデータベースを探しています。手持ちの化学便覧には1000種類程度の化合物の情報があるのですが、目ITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 熱化学データベース/熱力学計算ソフトウエア HSC Chemistry, Version 9 (1 年間のアップグレード込み) Version 6 からのアップグレード価格¥240,000.-(大学・教育機関向け)

    熱力学データベース

    最高品質のcalphad法による熱力学データベースを開発しています。金属系、セラミックス系、水溶液系があります。 製鋼研究を支える計算科学には、まず物質間の熱 力学的平衡関係を計算する「計算熱力学」がある。 さらに、気体や液体の流れをシミュレーションする 「計算流体力学」も重要だ。介在物の動きや転炉内の 攪拌状況を予測するうえで欠かせない。新日鉄の強 が,熱力学データベースに関する解説や種々の熱力学モデルをどのようにして データベースファイルとして記述するのかなど,データベース作成に関するテ キストはほとんど見当たらない(唯一Thermo-Calc社が無償提供している英語

    計算状態図データベース (CPDDB)

    計算状態図データベース (cpddb) 概 要. 計算状態図データベースでは、calphad法による熱力学解析により得られた各相のギブスエネルギー関数をまとめたデータベースファイル(tdbファイル)を集録しています。 Netsu Sokutei 23 (2) 70-78. 解 説. 熱力学データベースの最近の動き. 横川晴美 (平成8年3月7日受理) Development in Thermodynamic Database 皆さん比熱に温度依存性があるのはご存知でしょうか? 熱力学では比熱は定数と考えて扱われがちですが、実際には温度依存性があります。 本記事の内容 温度依存性がある場合どのように扱 ...

    Thermo-Calc:詳細

    熱力学データベース(Thermodynamic Database) Thermo-Calc用熱力学データベースは、目的、用途、材料系に応じ種々用意されております。 これらは、CALPHAD法の原理に基づき実験データや第一原理計算結果を基に厳しく検証され、 当研究室構築の熱力学諸量データベース 1973年(昭和48年)~ 2015(平成27年) 状態図データベースはこちら

    熱力学データベース MALT for Windows 製品情報

    熱力学データベースmalt2(モルト2)は、熱力学データベース作業グループにより編纂された パソコン用のデータベースとして日本で広く普及し、幅広い産業分野の研究者の方々にご利用されてきました。 しかしながらmalt2は日本語ms-dos環境下でのみ動作する仕様でしたので、現在のウィンドウズ ... 系の熱力学関数としてHelmholtzの 自由エネルギー Fを とるとそれは内部エネルギーEと エントロピーS の和として書き表せる.さ らに合金系の内部エネルギー を対相互作用エネルギーの和として記述するなら (1) ここでvi(2)はi-th nearest neighborの 対相互作用エネル

    無機材料データベース (AtomWork)

    無機材料データベース (AtomWork) 概 要. 無機材料データベースは科学技術文献から抽出した無機材料の結晶構造、X線回折、特性、状態図に関するデータを収録したデータベースです。 開・販売されている。その多くが熱力学データベースを内蔵し、多種の熱力学計算機能(状態図の作成、物質・熱収支の計算など) を有しているが、数十万円以上の高価なものが多い。また多元系の把握に適した図 1 (b) に示すような3次元表示をできるものは 本書は、Excelを使って熱力学(高校物理では「熱」)と統計力学を勉強するものです。 「熱」という、身近だけど「エントロピー」という不思議なものを扱う熱力学と、かなり抽象的でわかりにくい分布関数を扱う統計力学を、Excelでシミュレーションしながら学ぶことができます。

    データベース概要|核燃料・原子力材料熱力学データベース|国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

    本データベースの特徴としては、シビアアクシデント解析において広く活用されている仏国IRSN製のNUCLEAデータベースとほぼ同等の性能を有し、かつ、そこに格納されている熱力学関数はブラックボックスでなく、全て原子力機構の専門家によってレビューさ ... 約28000化合物種のデーターベースを活用!相図、EpH状態図、エリンガム図の作成など機能も多彩 『HSC Chemistry Version9』は、PCを用いて 本件は、Thermo-Calcで使用可能な銅合金用のデータベースであり、かつ当該データベースを用いて熱力学計算を実施すると、銅合金の二元系、三元系の状態図の作成が可能となる。 (3) 納入期限 2020年1月29日

    NIMS 物質・材料データベース (MatNavi)

    物質・材料に関する世界最大級のデータベースを公開しています。新材料の開発、材料の最適な使用、最適な材料の選択に役立つソリューション獲得を支援しています。 熱力学データベース. 純物質データベース 総数5000程度のガス種、純物質の熱力学データをデータベース化。 溶体データベース 金属系、セラミックス系、水溶液系、鉱物系などの非理想溶液系のデータベースを開発中。特定の用途向けの専用データベースも ... このため,単に「熱力学」という場合は平衡熱力学を指す。 平衡(equilibrium)とは熱力学的平衡(熱平衡,力学的平衡,化学平衡)を意味し,問題とする系において,熱力学的な状態量の変化がないことを意味する。

    熱力学データベース - 計算熱力学研究所

    最高品質のcalphad法による熱力学データベースを開発しています。金属系、セラミックス系、水溶液系があります。 用いている。このデータベースには計算に用いられるデータが指定の配列で格納されてお り、このような熱力学データの計算用データファイルを熱力学データベース (Thermodynamic Data Base, 以後TDB とする)と呼んでいる。

    解 説 熱力学データベースMALTの構築に携わって

    熱力学データベースの構築には世界的には数グループが 継続して活動してきたが,熱力学データベースmaltグル ープでは,化学熱力学の観点を重視した活動を行ってきた。 この観点からみると,最も価値の高い評価値は1982年に刊 物質の熱力学諸量,特に標準生成ギブズエネルギーを決定することは,熱力学データベースを構築するという意味で重要です.また,融点が非常に高い材料や,蒸気圧が高い成分(例えばマグネシウムやアルミニウム)を含有する材料のように,実験によって状態図を作成することが困難な系で ...

    TDB, SDB and DDB provides site.

    本サイトでは、日本原子力研究開発機構で整備を進めている、地層処分システムの安全評価のための熱力学データベース、収着データベースおよび拡散データベースの公開、配付を行っております。 化学 - 化合物の標準生成ギブズエネルギー、標準生成エンタルピー、標準エントロピー等の、 熱力学特性が記載されているデータベースを探しています。 手持ちの化学便覧には1000種類程度の化合物の情報があ 熱力学(ねつりきがく、英: thermodynamics )は、物理学の一分野で、熱や物質の輸送現象やそれに伴う力学的な仕事についてを、系の巨視的性質から扱う学問。 アボガドロ定数個程度の分子から成る物質の巨視的な性質を巨視的な物理量(エネルギー、温度、エントロピー、圧力、体積、物質量 ...

    核燃料・原子力材料熱力学データベース|国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

    日本原子力研究開発機構では、核燃料や制御棒材、コンクリートなど原子炉構成材料の事故時の反応解析あるいは形成される燃料デブリの化学的な性状解析に向けて、calphad法による熱力学データベースの構築を進めています。 自分はこれまでに物性研究者として様々なデータベースから熱力学データを収集し物性推算式を構築してきました。そうこうするうちにデータベースによって値がかなり大きく異なるという事態に困っています。 14;を用いて熱力学量から表面張力を計算 する手法を提案し,多くの合金系において実測値をよく再 現できる状況にある 1’2’4}. さらに著者らは最近,Butlerの 仮定と同様に合金の最表面層を “ 表面 ” とみなして合金系

    FactSage | FactSage | 製品案内 | 計算力学研究センター RCCM

    熱力学平衡計算ソフトウェア&熱力学データベース. 最新情報. FactSage 無料体験セミナー 2019 年秋の資料をダウンロードできるようになりました。; FactSage Education 7.3 (機能制限あり、無料) の有効期限が 2020 年 6 月 30 日に更新されました。 開発元のウェブページをご確認ください。 地層処分安全評価では、地下水中の放射性核種の溶解度は、平衡論を用いた地球化学計算により評価されます。この計算のため、jaeaでは放射性核種や地球化学元素の熱力学定数をまとめた熱力学データベース(tdb)を整備しています。本サイトでは、jaea ...

    生成熱のデータベース -生成熱の一覧があるサイトをご存知でしたら教え- 化学 | 教えて!goo

    生成熱の一覧があるサイトをご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。 - 化学 解決済 | 教えて!goo 埼玉工業大学(小西克享)熱力学講義ノート(第8 版) 表紙&目次 2 2 はじめに 熱力学は熱の概念を教える科目である.熱は工業生産や日常生活とは切っても切れない関係に

    熱力学データベース -化合物の標準生成ギブズエネルギー、標準生成エン- 化学 | 教えて!goo

    化合物の標準生成ギブズエネルギー、標準生成エンタルピー、標準エントロピー等の、熱力学特性が記載されているデータベースを探しています。手持ちの化学便覧には1000種類程度の化合物の情報があるのですが、目的のものの物性値が見つか 独立行政法人日本原子力研究開発機構(原子力機構)は多くのデータベースに膨大な原子力情報を網羅しています。国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、国民の生活に不可欠なエネルギー源を原子力に求めるとともに、原子力による新しい科学技術や産業の創出を目指す ... 本研究では,11通りの3元系の相平衡が計算できるパラメータを評価して,III-V族化合物半導体の熱力学データベースを構築した.格子歪を考慮した薄膜の相平衡を計算した一例として,InP基板の(100)面にGaAs-GaSb化合物を液相エピタキシャル成長させたとき,膜厚が1μm ...

    分散型熱物性データベース | 産総研

    産業技術総合研究所が開発・運営している固体,流体,高温融体に関する熱物性(熱伝導率,熱拡散率,比熱容量,熱膨張率,密度など)データを収録した熱物性データベースです。約3,600物質について約11,400件の熱物性データがご利用いただけます。 学データベース(jnc-tdb)を2009年度中に改定し,日本原子力研究開発機構の熱力学データベ ース(jaea-tdb)として整備することを予定している。この改定では,jnc-tdbで対象とされて いなかった有機物関連の熱力学データも考慮することとしている。 熱力学データベースについて データは文献から収集し、手動でデータを抽出(次ページ参照) 蛋白質と変異体の熱力学データベース、ProTherm、は1998年 に公開を開始し、現在までに25,000件以上のデータを収録

    FactSage | 熱力学データベース | 製品案内 | 計算力学研究センター RCCM

    熱力学データベース. FactSage を用いて熱力学平衡計算をするためには、熱力学データベースが必要です。FactSage の熱力学データベースには数千種類の純物質と数百種類の溶体の熱力学データが収録されています。 無機化合物熱力学データベースの作成を終えて. は近年の計算機の記憶容量の増大・計算能力の向上から すればかなりの部分が解決可能であると思われる。 化合物の標準生成ギブズエネルギー、標準生成エンタルピー、標準エントロピー等の、熱力学特性が記載されているデータベースを探しています。手持ちの化学便覧には1000種類程度の化合物の情報があるのですが、目発言広場とは「人生がちょっと楽しくなるサイトzakzak」内のq&a型お悩み相談 ...

    Thermo-Calc:詳細

    熱力学データベース一覧 Thermo-Calc社製データベース 汎用・固溶体/化合物用データベース 竹野 直人 (2005)Eh-pHアトラス ~熱力学データベースの相互比較、 地質調査総合センター研究資料集 no. 419、産業技術総合研究所地質調査総合センター. BIBLIOGRAPHIC REFERENCE: Naoto Takeno (2005) Atlas of Eh-pH diagrams - Intercomparison of thermodynamic databases. Open File Report of GSJ, no ...

    パソコン用熱力学データベース MALT2 - kagaku.com

    熱力学データベースwg著作 パソコン用熱力学データベース malt2. 新素材開発、cvd,腐食、精錬、廃棄物処理等、およそ物質の挙動についての知見が必要とされる時、熱力学的検討は 欠かせません。malt2は4931 重要元素の熱力学データの拡充 ・NpO2(am)の溶解度試験の実施とアクチニドⅣ価の溶解度積に関する系統的な考察及び熱力学データベース更新に資する情報の提供 ・Se等の重要元素に関する溶解度データの取得



    最高品質のcalphad法による熱力学データベースを開発しています。金属系、セラミックス系、水溶液系があります。 熱力学データベース. FactSage を用いて熱力学平衡計算をするためには、熱力学データベースが必要です。FactSage の熱力学データベースには数千種類の純物質と数百種類の溶体の熱力学データが収録されています。 花嫁 の 手紙 父. 日本原子力研究開発機構では、核燃料や制御棒材、コンクリートなど原子炉構成材料の事故時の反応解析あるいは形成される燃料デブリの化学的な性状解析に向けて、calphad法による熱力学データベースの構築を進めています。 本データベースの特徴としては、シビアアクシデント解析において広く活用されている仏国IRSN製のNUCLEAデータベースとほぼ同等の性能を有し、かつ、そこに格納されている熱力学関数はブラックボックスでなく、全て原子力機構の専門家によってレビューさ . 本サイトでは、日本原子力研究開発機構で整備を進めている、地層処分システムの安全評価のための熱力学データベース、収着データベースおよび拡散データベースの公開、配付を行っております。 明 多 洛 島. 物質・材料に関する世界最大級のデータベースを公開しています。新材料の開発、材料の最適な使用、最適な材料の選択に役立つソリューション獲得を支援しています。 計算状態図データベース (cpddb) 概 要. 計算状態図データベースでは、calphad法による熱力学解析により得られた各相のギブスエネルギー関数をまとめたデータベースファイル(tdbファイル)を集録しています。 っ てい うか 英語. 化合物の標準生成ギブズエネルギー、標準生成エンタルピー、標準エントロピー等の、熱力学特性が記載されているデータベースを探しています。手持ちの化学便覧には1000種類程度の化合物の情報があるのですが、目的のものの物性値が見つか ブルゾン ちえみ 足 太い. 産業技術総合研究所が開発・運営している固体,流体,高温融体に関する熱物性(熱伝導率,熱拡散率,比熱容量,熱膨張率,密度など)データを収録した熱物性データベースです。約3,600物質について約11,400件の熱物性データがご利用いただけます。 無機材料データベース (AtomWork) 概 要. 無機材料データベースは科学技術文献から抽出した無機材料の結晶構造、X線回折、特性、状態図に関するデータを収録したデータベースです。 尻 焼 温泉 日帰り. 最高品質のcalphad法による熱力学データベースを開発しています。金属系、セラミックス系、水溶液系があります。 台北 の 朝 僕 は 恋 を する サントラ.