初心者にもわかりやすく議論が開いており、戦後以降の短歌の歴史を踏まえ、現代短歌の状況を嘆いたり貶すのではなく何故そうい

穂 村 弘 歌 人

  • 歌人・穂村弘「革ジャンを貸した。傷だらけで僕に返してきた。その友だちに憧れる」 | PHPオンライン 衆知|PHP研究所
  • 穂村 弘さん(歌人)レポート|神戸学校|フェリシモ
  • 穂村弘『シンジケート』(1990) 「耳で飛ぶ象がほんとにいるのならおそろしいよねそいつのうんこ」|書評専門紙「週刊 ...
  • 歌人、穂村弘さんが語る「世界と社会の間にあるもの」【前編】 | cotas
  • 歌人・穂村弘「革ジャンを貸した。傷だらけで僕に返してきた。その友だちに憧れる」 | PHPオンライン 衆知|PHP研究所

    ──誰もが共通して「こわい」と感じるようなことももちろんありますが、その感覚は人によってずいぶん違ったりもしますね。 (穂村)怖がらない人に対して驚きと憧れを感じるんです。以前すごいなーって思ったのはジョニー・デップで、僕は彼の映画 ... 31文字という切り詰められた文字を通して、この世界に隠された、見落としがちな愛おしさや、時に見てはいけないものが垣間見えてくる。穂村弘という歌人はどんな視点で、世界をどのように見ているのか。 「文藝春秋」の今月号に穂村弘氏の「極東のアリス」という題の次のような短歌七首が載っています。 「ゴミ出しに行ってカラスと戦った引き分けだった」と目を光らせて 未来のこと全部あしたと云っている君のまぶたがころころ動く 本当

    穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人? | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

    穂村弘さんってどんな人. 穂村弘さんは曇天の午後四時が怖ろしくて、世界に対する自分のおさまりの悪さを常日頃から感じている変な人。濁点がたくさん打てる言葉があるんだなぁと「ずがっどざわやがゴガゴーラ」というフレーズを妄想したりする ... 穂村 弘(ほむらひろし):登録作品数32件、君になりたい、こんなかみのけ、とうとうとべた。1000万人が利用するNo.1絵本 ... 穂 村 弘 『 は じ め て の ... 人 に よ る 短 歌 、 そ の 後 に 改 悪 例 が 並 ぶ 。 目 薬 は 赤 い 目 薬 が 効 く と 言 ひ 椅 子 よ り 立 ち て 目 薬 を さ す 河 野 裕 子 目 薬 は ビ タ ミ ン 入 り が 効 く と 言 ひ 椅 子 よ り 立 ち て 目 薬 を さ す 改 悪 例 1 目 薬 は V ロ ー ト ク ー ル が 効 ...

    歌人の思考回路。穂村 弘さん、短歌は本当に面白いものですか?(前編)

    短歌のことはよくわからないけれど、穂村 弘さんの短歌は知っているし、その文章のファンだという人は、きっと少なくないと思う。 2002年に刊行された『世界音痴』、『現実入門』、『整形前夜』、『絶叫委員会』、講談社エッセイ賞を受賞した『鳥肌が』 歌、というものが、単なる57577ではなくて、定型「詩」である、ということを何度も判らせてくれます。歌を詠み始まった私にはこれ以上に刺激的な本は無かった。歌人による歌の読み込み方というのが、同業者だけに、さすがだ、と思えました。こんな ... 東京オリンピック開催が決まり、日本文化を改めて勉強しようかなぁ、なんて思っている人もいるのではないでしょうか? まずは、現代短歌から ...

    人生は夕方から楽しくなる:歌人・穂村弘さん - 毎日新聞

    「失明するかも」転機 今、90勝130敗くらい 高校のとき、友人たちと山に行った。その晩、いつになく興奮した友人のアキヒコが、間が悪いことに ... 穂村弘のエッセイが発売されると買わずにはいられない。私は穂村弘中毒である。 穂村弘のエッセイはどれを読んでも斬新で目から鱗が落ちる。そのほんわかとした刺激が病みつきになる。 穂村弘のエッセイの魅力

    穂村弘(ほむら ひろし)さん ... - aruarunouta.com

    穂村さんの歌は、どん底にありながらもどこか希望があって、温かい気持ちにさせてくれます。 約束はしたけどたぶん守れない ジャングルジムに降るはるのゆき (穂村弘/「ラインマーカーズ」より) 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』! 第42回の今回は、新刊『世界中が夕焼け: 穂村弘の短歌の秘密』(新潮社/刊)を刊行した歌人の穂村弘さんと山田航さんです。 本書は、現代短歌の第一人者である穂村さんの作品に気鋭の若手である山田さんが解説文を ... この人たちの多くは「かばん」の同人なので、「ダ・ヴィンチ」の投稿欄が穂村の選歌欄と見なされているのだろう。読書家として知られているピースの又吉直樹も「くす玉の残骸を片付ける人を見た」という歌が一首選ばれている。短歌というより自由律 ...

    穂村弘『短歌の友人』書評~友達作りの方法論~ | トレーダー分岐点

    初心者にもわかりやすく議論が開いており、戦後以降の短歌の歴史を踏まえ、現代短歌の状況を嘆いたり貶すのではなく何故そういう表現になったか、どのように評価されているのかを説明してくれる。穂村弘『短歌の友人』はそうした自分の「いま」感じている疑問を的確に教えてくれる本で ... Conversation 03 up. Mar 6. 2017 Guest 穂村弘|歌人 Profile. 穂村弘. ほむら・ひろし/1962年生まれ。歌人。北海道札幌生まれ。上智大学文学部英文学科を卒業後、システムエンジニアとして就職しながら、1990年に第1歌集『シンジケート』(沖積舎)でデビュー。

    穂村 弘さん(歌人)レポート|神戸学校|フェリシモ

    歌の中のイキイキとした女性像が響かれたということですか? 穂村さん: そうですね。こういう気の強い感じの人が好きで、イメージが新鮮で、これならつくれるんじゃないかと思いました。 フェリシモ: 穂村弘 さんという歌人の詩です。 あした世界が終わる日に 穂村 弘 あした世界が終わる日に 一緒に過ごす人がいない あした世界が終わる日が 夏ならいちごのかき氷 舌をまっかに染めながら 輝く雲を見ていたい あした世界が終わ...

    穂村 弘 ことばから生まれる世界 | 日本デザインセンター

    穂村 弘(歌人) 2014年7月4日に、歌人の穂村弘さんをお招きしてトークイベントを開催しました。 穂村さんが独自の視点で集められた「気になる言葉」や短歌を鑑賞しながら、「言葉とは何か」を考える密度の濃い時間となりました。 穂村 : 女の人って男の人に比べると、合目的性の外に立たされているでしょう。言語体系とか、社会システムとか。いくら僕が思春期に危機感を持ったとしたも、同じ感度を持った女性がいれば、その人のほうがもっと危機的なんだろうという感じはあり ...

    穂村弘×枡野浩一対談【1】「言葉の透明度について」 - wezzy|ウェジー

    枡野浩一連続対談シリーズ「心から愛を信じていたなんて」の最終回の相手に枡野さんが切望した相手は、穂村弘さんでした。 穂村弘さんと枡野浩一さんは、ともに現代短歌を代表する歌人です。ふたりは互いに意識しあう少し年の離れた「ライバル」であり、少し距離を置く「友人」のよう ... 藤田貴大×又吉直樹×穂村弘 なぜ3人は今再び寺山修司に挑むのか 『書を捨てよ町へ出よう』 インタビュー・テキスト

    穂村弘『シンジケート』(1990) 「耳で飛ぶ象がほんとにいるのならおそろしいよねそいつのうんこ」|書評専門紙「週刊 ...

    穂村弘の代表歌の一首として数えられているこの歌も、ディズニーアニメのダンボというキャラクターの、アニメの中では決して描かれない排泄行為に言及することで、この世界にあふれている隠蔽をさりげなく衝いてみせている。この歌がカギカッコに ... 残業は素敵なことだと思ってたドラマでドラマが生まれていたから (名古屋 土居 健吾) 残業をすることによって素敵なことが起こらなかったからこそ生まれた歌だろう。残業の残とは残念の残だ、ドラマはドラマでしかないのだ。現実世界と仮想世界とのギャップがあるからこそ、ドラマは ...

    穂村弘 - Wikipedia

    穂村 弘(ほむら ひろし、1962年 5月21日 - )は、日本の歌人。 歌誌「かばん」所属。 加藤治郎、荻原裕幸とともに1990年代の「ニューウェーブ短歌」運動を推進した、現代短歌を代表する歌人の一人。 批評家、エッセイスト、絵本の翻訳家としても活動している。 穂村弘と「世界の秘密」を探る魅惑――『きっとあの人は眠っているんだよ 穂村弘の読書日記』『これから泳ぎにいきませんか 穂村弘の書評集』 2017.11.28 未知なことにすごくワクワクするっていう人はけっこういて、エッセイとかでことさらそれを強調して書く人もいるけど、僕はそういうの読むと傷つけられた気がする(笑)。「見知らぬ人との旅先での出会い最高!」みたいに書かれると、それを最高と ...

    〔短歌・日経新聞〕穂村弘さんのコメント毎回かっこよすぎ問題 | 100メガ

    なお、俳句もありまして、短歌2人、俳句2人、という感じでそれぞれ著名な方が選者(応募作を読んで選ぶ人)を担当されています。 (2016年12月現在、有栖川有栖さんの推理小説紹介コーナーの右隣にあるコーナーです) 穂村弘さんの概要 短歌の読解 国語の授業で短歌を学習しています。おすすめの短歌、というのを三つほど紹介する課題があるのですが、 そこで紹介したい短歌にいまいち説明できないものがあります。穂村弘さんの「フレミングの左手の法則憶えてる...

    歌人、穂村弘さんが語る「世界と社会の間にあるもの」【前編】 | cotas

    31文字という切り詰められた文字を通して、この世界に隠された、見落としがちな愛おしさや、時に見てはいけないものが垣間見えてくる。穂村弘という歌人はどんな視点で、世界をどのように見ているのか。それが知りたくなった。席に着いた穂村さんは ... 宇都宮敦 短歌という爆弾: 今すぐ歌人になりたいあなたのために (小学館文庫) 作者: 穂村弘 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/11/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る こんにちは、宇都宮敦です。ゲストです。とりあげるのは、穂村弘『短歌という爆弾』。いわゆる、ボムを ... ちなみにこの歌、3人の女性歌人による歌集「テノヒラタンカ」の中で、作者が特定できず モンモンとしていたのですが、敬愛する天野慶さんご本人から、メールで「私です」という丁寧なお返事とサイト励ましの言葉を頂き、 これで200年ぐらいがんばれる ...

    女子大生が歌人・穂村弘さんに恋の話を聞いてきました (1) 「神秘的だ」と思うと好きになる | マイナビニュース

    はじめまして。平井絵未理です。歌人・穂村弘さんに恋の話を聞いてきました。話せば話すほど引きこまれるような ... 穂村 弘『鳥肌が』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

    春の短歌 現代短歌と近代 俵万智,穂村弘,加藤治郎,梅内美華子,佐藤佐太郎,清水房雄他 - 短歌のこと

    終戦となって春が来ましたが、思い人は帰らない。春が「還り来る」というのは、そういう気持ちが込められているでしょう。 二月の風の音を聞けば、自分は死ななかったのだなあ、作者が寂しくもそういう感慨を持ったという歌です。 再び現代に近い歌 納豆の大ドンブリ、穂村 弘,寺門 孝之:1000万人が利用するNo.1絵本情報サイト、みんなの声2件、鬼の家族劇場:様々な歌人の短歌を集めながら、鬼の家族の絵でまとめられている...、家族をテーマにした心あたたまる短歌を集めました。家族の短歌を...、投稿できます。

    穂村弘 | 著者プロフィール | 新潮社

    穂村弘のプロフィール:歌人。1962年札幌市生まれ。1985年より短歌の創作を始める。2008年『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。2017年『鳥肌が』で講談社エッセイ賞を受賞。歌集『シンジケート』『ドライ ドライ 穂村弘の『シンジケート』と『ドライ ドライ アイス』の新装版が図書館の書架に並んでいた。とくに『シンジケート』はなかなかオシャレである。装釘は藤林省三。穂村の歌は、ブーフーウーとか、降りますランプとか、ゆひらとさわぐとかは、するすると口をついて暗唱できるが、よく考え ... 会員には序列がありません。 編集人は年度ごとに交代でつとめます。短歌作品に対する添削指導制度はもうけておらず、会員が自由意志で相互に研鑚しあう場となっています。

    穂村弘さんインタビュー | BOOK SHORTS

    僕が20代のとき、周りで色々なことをやっている人たちがいました。その中で文章を書いていた人は、程度の差はあっても一応みんなプロになっています。でも、音楽や演劇をやっていた人で50代まで続けられている人はすごく少ないんです。もちろん時代は ... 若手歌人・穂村弘がインタビューして、 インタビュー形式で語り口中心にまとめてあるだけに、読みやすい。 いまの若手歌人への厳しい批評もある。 88歳になり、「寂しさに向き合うことで歌が生まれる」「歌以外に、ない」 という言葉が重みを増す。

    現代短歌の代表・穂村弘のおすすめエッセイ文庫本5選!独特の言葉に、ハマる | 文芸も ホンシェルジュ

    【ホンシェルジュ】 穂村弘をご存知ですか? 現代短歌を率いる歌人でもあり、批評家、エッセイスト、翻訳家でもあります。今回は、短歌という31音の枠から飛び出したエッセイスト穂村のセンスが輝く、珠玉のおすすめエッセイ5作品をご紹介していきます。 穂村弘インタビュー. Q:穂村さんが『短歌という爆弾』(短爆)を書いてみて、いろんな人、歌壇の人や一般の人の反響があったと思うのですが、書いてみて感じたことをお聞かせください。 また、百穂はアララギ派の歌人でもあり、以下の短歌7首を詠んでいる。 例文帳に追加. Hyakusui was also a poet of the Araragi School and wrote the following seven tanka. - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

    穂村弘さんの仕事場訪問:コレクター気質の人気歌人が集める"拘りの品"とは? | ほんのひきだし

    最新エッセイ集『野良猫を尊敬した日』が発売 歌人・穂村弘さんの仕事場訪問! 現代を代表する歌人であり、ユーモアあふれるエッセイも人気の穂村弘さん。1月24日(火)には、最新エッセイ集『野良猫を尊敬した日』が発売されます。 穂村さんが綴るエッセイは、現実に対する違和感から ... 村井 でもそれって、当然のことながら穂村さんは歌人だから、歌に対してはそう思ったって作るわけでしょ。 穂村 だから、今の話は本当の意味では歌に対してはそう思わないから作るんですよ。それがおかしいと思うんだけど。確かにすごい歌はいっぱい ... 少女言葉の絶壁―穂村弘論 「歌壇」2002年7月号 穂村弘の文体を語るのに少女言葉の問題は避けて通れない。初期穂村の世界の少女は対話のなかに生きていた。そして現在、穂村の歌はこの少女言葉に語りの全てを預けている。短歌は主題を選んでから文体が ...

    穂村弘の本名と経歴について!妻と子供は?出身大学と高校も調査! - 今日を明るく

    穂村弘さんは、その感性と独特な表現で読者を惹きつけてきた、現代日本を代表する歌人です。 今回は、そんな穂村弘さんの本名と経歴、妻や子供、出身大学、高校そして受賞作「水中翼船炎上中」についてもお伝えしていきたいと思います。 「穂村弘が書く文章は高飛車な感じがするし、短歌は感覚的過ぎて嫌い」と言うと身の回りにいる人は「誰、それ?」と言います。ネットで検索すると好きな人しかヒットしません。穂村弘を知ってい る人は、みんな穂村弘... けれど『短爆』は塚本的ではないとする瀬戸の論を追うのは、穂村弘という歌人にあまりに深入りすることになるため、この場では穂村については素朴な理解にとどめておくことにする。 二章:菱川善夫と「ひかりになること」 1



    穂村 弘(ほむら ひろし、1962年 5月21日 - )は、日本の歌人。 歌誌「かばん」所属。 加藤治郎、荻原裕幸とともに1990年代の「ニューウェーブ短歌」運動を推進した、現代短歌を代表する歌人の一人。 批評家、エッセイスト、絵本の翻訳家としても活動している。 穂村弘のプロフィール:歌人。1962年札幌市生まれ。1985年より短歌の創作を始める。2008年『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。2017年『鳥肌が』で講談社エッセイ賞を受賞。歌集『シンジケート』『ドライ ドライ 穂村弘さんは、その感性と独特な表現で読者を惹きつけてきた、現代日本を代表する歌人です。 今回は、そんな穂村弘さんの本名と経歴、妻や子供、出身大学、高校そして受賞作「水中翼船炎上中」についてもお伝えしていきたいと思います。 ──誰もが共通して「こわい」と感じるようなことももちろんありますが、その感覚は人によってずいぶん違ったりもしますね。 (穂村)怖がらない人に対して驚きと憧れを感じるんです。以前すごいなーって思ったのはジョニー・デップで、僕は彼の映画 . 31文字という切り詰められた文字を通して、この世界に隠された、見落としがちな愛おしさや、時に見てはいけないものが垣間見えてくる。穂村弘という歌人はどんな視点で、世界をどのように見ているのか。それが知りたくなった。席に着いた穂村さんは . 短歌のことはよくわからないけれど、穂村 弘さんの短歌は知っているし、その文章のファンだという人は、きっと少なくないと思う。 2002年に刊行された『世界音痴』、『現実入門』、『整形前夜』、『絶叫委員会』、講談社エッセイ賞を受賞した『鳥肌が』 最新エッセイ集『野良猫を尊敬した日』が発売 歌人・穂村弘さんの仕事場訪問! 現代を代表する歌人であり、ユーモアあふれるエッセイも人気の穂村弘さん。1月24日(火)には、最新エッセイ集『野良猫を尊敬した日』が発売されます。 穂村さんが綴るエッセイは、現実に対する違和感から . 穂村さんの歌は、どん底にありながらもどこか希望があって、温かい気持ちにさせてくれます。 約束はしたけどたぶん守れない ジャングルジムに降るはるのゆき (穂村弘/「ラインマーカーズ」より) 君 は 綺麗 な アヒル の 子 最終 回. 穂村弘さんってどんな人. 穂村弘さんは曇天の午後四時が怖ろしくて、世界に対する自分のおさまりの悪さを常日頃から感じている変な人。濁点がたくさん打てる言葉があるんだなぁと「ずがっどざわやがゴガゴーラ」というフレーズを妄想したりする . 日比谷 公園 イベント 肉. 【ホンシェルジュ】 穂村弘をご存知ですか? 現代短歌を率いる歌人でもあり、批評家、エッセイスト、翻訳家でもあります。今回は、短歌という31音の枠から飛び出したエッセイスト穂村のセンスが輝く、珠玉のおすすめエッセイ5作品をご紹介していきます。 穂村 弘(歌人) 2014年7月4日に、歌人の穂村弘さんをお招きしてトークイベントを開催しました。 穂村さんが独自の視点で集められた「気になる言葉」や短歌を鑑賞しながら、「言葉とは何か」を考える密度の濃い時間となりました。